ユフブロ

Mabinogiでの日々の活動を記録していきます。

コミュニティブレイクする女性 ~対処法を添えて~

秋も終わり、寒くなってきた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回の記事ではネットゲームではよくあるコミュニティブレイクする女性という題で記事を書いていきたいと思います。

構成は以下の通りです。

  1. コミュニティブレイクとは
  2. ネットに蔓延るクソマン○と呼ばれる人種について
  3. 対処法

コミュニティブレイクとは

MMORPGに生きる男とは

人は恐ろしい生き物です。嫉妬と欲望に狩られ、他者を平気で陥れ、自己の欲望を満たす生き物なのです。
その中で特に顕著なのは男性の性欲です。
男性の性欲は無尽蔵です。一人の女性が飽きれば次から次へ求める人もいます。そしてMMORPGにいる男性は大抵同じMMORPGで生きている女性と出会うと狂ってしまいます。
「そんなわけあるか!俺は違うぞ!」
ええ、今までのあなたはそうだったのでしょう。
しかしこれからどうなるかわかりません。私もそうです。しかし狂い方に工夫を入れていかないと周りに迷惑をかけてしまいます。

例1:男が姫を求め、内乱が発生、結局姫は誰の物にもならず、男たちは全員コミュニティから脱退

MMORPGに蔓延る女性の大半はチヤホヤされることに快感を覚えています。そして男は無意識に下半身に意識を寄せています。後はわかりますよね?
男はその性欲を満たすため女性にちょっかいを出します。またちょっかいを出せない男も女に言い寄られると「ワンチャンあんじゃね!?!?!」とか思い始めます。完全に馬鹿な生き物です。
コミュニティにおける女性の人数が少なければ当然それに群がる男も多いですし、その結果コミュニティが崩壊します。

例2:かまって系女性プレイヤーによるたらしこみ

誰かに依存しないと生きていけない女性がこのタイプです。特定の自分が気に入った男性をあれよこれよと口説きにかかります。男は当然性欲に生きる生き物なので、コロっとつられます。本当にそのだらしない下半身をどうにかしてほしいですが、私からしたらその汚い股を閉じろって感じです。
このタイプの面倒な所は相手に依存し、相手を束縛し、コミュニティに特定のグループを作ってしまうところです。
仲が良かったあの人が最近全然遊んでくれない、そういうことが起きたら間違いなく誰かにたらしこまれているので要注意です。関わらないことをお勧めします。

ネットに蔓延るクソマン○と呼ばれる人種について

クソマン○とはいわゆる今例に挙げたタイプですが、簡単に言ってしまえば、気持ち悪い声音で媚を売ったり、snowでとったバリバリ編集された写メで釣って男を腐らせるタイプの女性です。
そういう人間はコミュニティにいるだけでコミュニティが崩壊するか、崩壊せず女性にとって心地の良いコミュニティに改変されているかのどちらかでしょう。
いずれにせよ男は本当馬鹿で単純な生き物なので、もっと理性的になるべき、或いは誰でもいいとかではなく、そういう女性はフィルタリングしてしかるべきちゃんとした女性と関係を持ってください。
いくら装備が強くて、夢幻ソロも余裕で、フェスティア1位余裕な人も下半身がだらしないのは人間としては下の下と評価せざるを得ません。

対処法

  1. ギルドの目的を明確にし、女性禁止にしてしまう。
    これは正直一番手っ取り早くて、最も安定します。ギルドとしての目的を第一にギルドメンバーのモチベーションを鼓舞させ、似たような意識を持つメンバーを集めていきます。
    マビノギなら「夢幻ラビTAをやる」「とて難ガシ挑戦する」「あらゆるコンテンツをソロで踏破できるようになる」のような高PSを持った人間のみでギルドを構築したり、後は生産を主にしたギルドであったり、そこはギルマスがやりたいことに対し、それに賛同するメンバーのみに絞る、海外のMMOでは定番のコミュニティ形成方法です。
    日本のコミュニティは「楽しく、ワイワイやる」が主なので、容易にブレイクしますが、海外のコミュニティは大型アプデ毎に目的が明確としているので、結構長く継続します。

  2. 加入基準を設けて姫プレイが不要な人のみを加入させる。
    マビノギならもうファンタズムを持っていて姫プレイする必要がない、またそれに対し気持ち悪いという意識をもっている女性を加入させ、誰かにちょっかいを出すようならキックするような体制にするのも良いかもしれません。
    ネットはネット、リアルはリアル、それをちゃんと区別できている女性ならブレイクされる可能性は低いです。
    いわゆる大人な女性です。

対処法の実験

私もかつてはこのタイプの女性に悩まされました。コミュニティで誰かしらとくっついてしまうのです。なので、1の対処法で根本的に女性を閉めました。
結果から言うと、結構うまくいきましたね。みんな目的、目標、やりたいことがあって、VCつないで男同士で楽しくワイワイやっていました。
しかし私がそのゲームをやめてからはコミュニティもバラバラになりましたね。この意識を継いで行ける人間は中々いませんでした。
ギルドのリーダーは悩み事もたくさんありますし、メンバー同士の人間関係に目を光らせ、時には汚れ役にもなる必要があります。メンバーからヘイトを買いやすいでしょう、正解はないのです。
ネトゲは特に遊びでやっているので、リーダーはまさしく仕事と割り切ってやるしかないのですよね。
大きくなればなるほどそのタイプは増えていくし、その度、決断を迫られるとは思いますが、崩壊させない一手を信頼できる人と共有して確実に処理していくのがよいでしょう。

ギルドリーダーとは、難しいものです(管理職のほうがまだ楽だと思います)。